先日横須賀市にて屋根カバー工法を施工させて頂きました。

お世話になっております。株式会社SiMの代田です。
最近、施工させて頂いたお客様のご紹介や会社にお電話・来店頂き、SiMに工事を頼んでいただき皆様に本当に感謝しています。いつもありがとうございます!!
有り難いことにまた現場に出る事も増え、私はこの猛暑にかなりバテております…職人さんにも本当に感謝しかありません。暑い中いつも本当にありがとうございます!
では先日、屋根工事の方入りましたので簡単にスレート屋根について説明させて頂きます。
一般戸建て住宅の屋根(約70%)にはスレート屋根が使われています。カラーベスト・コロニアルと呼ぶ方も見えます。屋根塗装が可能な場合もありますが劣化状況が酷いと葺き替えもしくはカバー工法という工事が有効になります。当然ながら屋根はが壁に比較して紫外線や風雨にさらされるため劣化の進行が速く進みます。そのため長期的な視野で考えるとカバー工法が経済的になることがありますので是非ご検討してみてください。
築24.25年ということでスレート屋根も入念にチェックを行いました。スレート屋根の主原料は吸水性の高いセメントと、石綿(含まれていないものもあります。)です。つまり、表面の塗膜が劣化してくると雨水が屋根材自体に染み込んでしまうのです。雨水が染み込むと、苔が生えてきます。「苔だけなら」と思う方も多いのですが、屋根材自体の割れや下地の反りなどを誘発し、そこから雨漏れ…なんてことも。築25年~築30年ほどで防水紙自体が傷んでしまうので、雨漏れしてしまうケースが多いのです。幸い、まだ雨漏れはないとのことですが、これからが一番心配な時期なので既存の屋根材に防水シート→金属屋根を被せる「カバー工法」をご提案いたしました。

今回もアイジー工業のスーパーガルテクトにて施工させて頂きました。
施工前と完工後を比べていただくと一目見ただけで見た目の違いがお分かりいただけると思います。
凄く仕上がりもカッコいいです!ただ、屋根カバー工法は見た目だけでなく、断熱機能・防水機能にも優れている工法なのです。金属製の屋根を葺くだけで十分な機能を期待できますが、更に既存屋根材の上から被せているため、金属製の屋根単品以上の効果が期待できるのです。
金属屋根だと「雨音が気になりそう…」という質問をよく頂きます。
雨音に関しては私の実家も金属屋根を葺いていますが、全く気になりません。正直私は神経質ではないので一概にとは言えませんが、今まで施工させて頂いたお客様・金属屋根を葺いている方に聞いても音が気になるという話は聞いたことありません。(気になる方いたら申し訳ありません…)「SiM」では金属屋根でご提案させて頂く場合、石粒付き金属屋根か断熱材付きの金属屋根の物も良く雨音も気にならない設計で作られている材料でご提案をさせて頂きますのでご安心ください。重さもスレート屋根に比べて約1/4、瓦屋根に比べて1/10で非常に軽く、建物への影響もありませんのでご安心ください。
屋根のカバー工法は、既存屋根材や野地板が腐る前でないと施工が出来ません。既存屋根材や野地板が腐ってしまっては「葺き替え」という道しか残されていません。「まだ大丈夫かな?」と思っていらっしゃるお客様も、一度SiMにお声がけください。お客様にご損の絶対にない最善のご提案をさせて頂きます。
相談・現場調査・御見積はもちろん無料です。
お家で気になる事、お困りの事がありましたらSiMまでお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。045-872-0038受付時間 9:00-20:00 [ 定休日 水曜日 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください