高圧洗浄について。

お世話になっております。みらい住宅サポートです。
今日は高圧洗浄についてお話しさせて頂きます。

高圧洗浄の必要性

最近では「ケルヒャー」などに代表される家庭用の高圧洗浄機も普及してきましたが、プロの職人たちが外壁塗装で使う洗浄機は水圧(Mpa・メガパスカル)が違います。

家庭用ケルヒャーが6~8Mpa(60~80キロ)に対して、プロの職人たちが使う洗浄機は15Mpa(150キロ)の圧力があります。家庭用の倍近くの圧力があるので、屋根や外壁に付着しているコケやチョーキング起こしている死んだ塗膜を落とすことができます。

では、なぜ高圧洗浄が必要なんでしょう?塗装するとできる塗膜は、耐久年数が終わるころになると、少しずつ粉化し触ると白い粉が付着するようになります。これを「チョーキング現象(白亜化現象)」といいます。

チョーキング現象が起きてしまった外壁の上から塗装を行っても、古い塗膜が邪魔になり剥がれやすくなってしまうのです。ホコリがたくさんついた壁にセロハンテープを付けても、うまく密着しないのと同じです。

そのため、塗装後にすぐに剥がれないように、古い塗膜や汚れ、カビ、サビなどを高圧洗浄で取り除くことが重要です

プロが使う高圧洗浄機は、塗装を行う住宅の水道と洗浄機本体を直接繋いで水を噴出するわけではなく、大きなバケツやタンクに高圧洗浄用の水を溜めておき、そこから機械で水を吸い上げて内部で圧縮し発射するという仕組みになっています。

高圧洗浄機がこのような仕組みなっている理由は、水道に機械を直接繋いでも水の出が遅いためです。溜めた水を圧縮し放出する方が水圧が強く、しっかりと汚れを落とすことができます。

高圧洗浄作業の費用相場

水に夜高圧洗浄の単価は1㎡当たり150~250円、バイオ高圧洗浄になると1㎡当たり250~400円となります。

一戸建て住宅の場合で、外壁の面積は150㎡だとすると、水による高圧洗浄で約20,000~40,000円、バイオ高圧洗浄で約35,000~60,000円になります。

また屋根塗装もする場合は、その面積がプラスになりますし、屋根がコンクリート瓦などは洗浄に時間がかかるため単価が上がる場合もあります。

業者に見積を出してもらった際に、高圧洗浄代が相場よりも高く計上されていた場合は注意してください。また、コケなどの汚れがないのに、無理やりバイオ高圧洗浄を勧めてくる場合も注意です。

高圧洗浄機の種類

通常タイプ

一般的な高圧洗浄機は、噴出口から扇もしくは円錐状に水が出てくるタイプです。トルネードタイプの方が圧力が高いですが、プロが使う洗浄機は圧力が強いので通常タイプでも特に問題はありません。

トルネードタイプ

高圧洗浄機には、噴出口からぐるぐると回りながら出てくるトルネードタイプ(回転式)があります。通常タイプよりトルネードで噴出した方が、汚れを落とすことができます。

バイオ洗浄タイプ

バイオ洗浄は、高圧洗浄に使う水道水に特殊な洗浄液を混ぜて使います。コケなどの汚れを落としやすい特徴があります。

高圧洗浄の注意点

高圧洗浄だけで全ての汚れなどが取れるわけではありません。取れない汚れは、職人が手作業で薬剤などを使いながらこすり落とします。塗膜に浮きや剥がれが起きている箇所も、高圧洗浄だけで終わらせず、金属製のヘラなどでこすって除去します。

チョーキングした粉が完全になくなるまで洗浄を続けてしまうと、下地にまで影響を及ぼす可能性があるので、ほどよいタイミングで洗浄を止めます。多少チョーキングの粉が残っても、中・上塗りの前にプライマー、フィラー、シーラーといった密着性を高めるための下塗りを行うので、問題はありません。

まとめ

高圧洗浄は、旧塗膜の汚れを取り、新しく塗り替える塗料をしっかり付着させるために必要な作業です。この作業をしなかったり雑に行うと、どんなに良い塗料を塗ってもすぐに剥がれてくる可能性もありますので、高圧洗浄をしっかりやりましょう。ただ洗えば良いだけではありません!

高圧洗浄の単価は、通常の水道水で1㎡当たり150~250円、バイオ高圧洗浄で1㎡当たり250~400円となります。
一戸建て住宅の場合で、外壁の面積は150㎡だとすると、水による高圧洗浄で約20,000~40,000円、バイオ高圧洗浄で約35,000~60,000円になります。屋根を一緒に塗装する場合は、屋根の面積も足します。

コケやカビなどの汚れが出ていなければ、水道水の洗浄で問題ありません。
あまりにも高い場合は注意してください。

みらい住宅サポートは全ての工事に手抜き・妥協を一切致しません。
お見積・ご相談無料!!外壁塗装のことはみらい住宅サポートにお任せください!

お気軽にお問い合わせください。045-872-0038受付時間 9:00-20:00 [ 定休日 水曜日 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください

前の記事

屋根塗装の必要性

次の記事

瓦屋根について