横浜市旭区 S様邸 屋根外壁塗装工事

After

Before

施工期間2週間~3週間
築年数13年
平米数(屋根)(外壁)65㎡
147㎡
使用材料屋根 ダイナミックルーフ(関西ペイント)外壁 ダイナミックTOP艶消し(関西ペイント)
保証年数屋根5年 外壁8年

施工レポート

施工前

コロニアル屋根材は主成分がセメントのため、紫外線によって塗膜が劣化してしまうと、水を吸ってしまうようになり、スレート材の反りや割れの原因になります。

屋根 高圧洗浄

屋根塗装前に、屋根の汚れを強力な水圧で洗い落とします。

屋根 下塗り

洗浄後、シーラー(下塗り)を塗布していきます。
仕上げ塗料との密着性を高めるだけでなく仕上がりの光沢や美観にも大きく影響してきます。

タスペーサーW工法

タスペーサーを挿入することで、「雨漏り」「内部結露」を防ぐ重要な役割を果たしてくれます。

屋根 中塗り

下塗り乾燥後、仕上げ塗料(ダイナミックルーフ)で色付けを行っていきます。

屋根 上塗り

中塗りと同じ色の仕上げ塗料(ダイナミックルーフ)をムラなく塗布し、仕上げます。

屋根 仕上がり

 

外壁 施工前

チョーキングを起こし、塗膜の効果が無くなった事でサイディングが水を吸い、苔などが生えてしまっている状態です。

外壁 高圧洗浄

外壁塗装前に、外壁の汚れを強力な水圧で洗い落とします。

外壁 下塗り

外壁乾燥後、下塗り塗料(ダイナミックシーラーマイルド)を塗っていきます。

外壁 中塗り

下塗り乾燥後、中塗り塗料(ダイナミックTOP艶消し)で色付けを行っていきます。

外壁 上塗り

 中塗り乾燥後、上塗り塗料(ダイナミックTOP艶消し)で色付けを行っていきます。

外壁 仕上がり

艶消し仕上げで新築時、同様の仕上がりになりました。

シーリング撤去打ち替え

まず既存の目地シーリングを撤去します。

シーリング撤去打ち替え

新たに充填するシーリングがしっかりと密着するよう、プライマーをサイディング断面に塗布します。

シーリング撤去打ち替え

プライマー乾燥後、空気が入らないようにシーリングを充填します。充填したシーリングを均等になるようにヘラを使って押えて仕上げます。

シーリング撤去打ち替え

充填したシーリングを均等になるようにヘラを使って押えて仕上げます。

シーリング撤去打ち替え 仕上がり

 仕上げ後、養生テープを剥がして乾燥させたら、塗装工程に移ります。

破風板 下地処理

塗装する前に古い塗膜を落とし、細かい傷を付けて密着性を良くします。

破風板 下塗り

下地処理後、仕上げ塗料との密着性を上げるため下塗材を塗布します。

破風板 中塗り

下塗り乾燥後、仕上げ塗料で色を付けていきます。

破風板 上塗り

中塗りと同じ色の仕上げ塗料をムラなく塗布し、仕上げます。

水切り 下地処理

塗装する前に古い塗膜を落とし、細かい傷を付けて密着性を良くします。

水切り 下塗り

鉄部の下塗りには錆止め塗料を使用します。

水切り 中塗り

錆止め乾燥後、仕上げ塗料で色を付けていきます。 

水切り 上塗り

中塗りと同じ色の仕上げ塗料をムラなく塗布し、仕上げます。

軒天 上塗り一回目

軒天は湿気が溜まりやすいため、防カビ・防藻性がある塗料をおすすめします。

軒天 上塗り二回目

同じ色の仕上げ塗料をムラなく塗布し、仕上げます。

FRP防水 下塗り

下地処理後、塗料の接着性をよくするために、FRP防水用のプライマーを塗布していきます。

FRP防水 中塗り

プライマー乾燥後、トップコートを塗布します。

FRP防水 上塗り

トップコートを2回塗ることで、FRP防水をしっかりと保護してくれます。

FRP防水トップコート 仕上がり

幕板上部 三角シーリング 

幕板と外壁の段差に雨水などが溜まりやすく、水が溜まった部分や外壁と幕板の間に水が侵入することにより、建材を腐食させてしまったり、凍害の原因ともなりやすい場所です。
その為みらい住宅サポートでは、幕板上部へのシーリングは標準施工にしております。

駐車場高圧洗浄

棟板金 釘抜け防止シーリング 充填

屋根 仕上がり

仕上がり

仕上がり

仕上がり

仕上がり

仕上がり

仕上がり

お気軽にお問い合わせください。045-872-0038受付時間 9:00-20:00 [ 定休日 水曜日 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください