横浜市鶴見区にてスレートの破損を差し替え補修を行いました

今回は横浜市鶴見区にて特殊な工具を用いて破損したスレートの差し替え補修を行います。
スレートは経年劣化や強風などの影響で欠けたり割れたりします。
尚アスベストが含まれていないスレートは特に割れやすいです。
弊社ではスレート差し替え補修の必要性の有無からメリット・デメリットはご説明させていただいた後に進めさせていただきます。

スレート差し替えの際に用いる工具『スレーターズリッパー』
スレートの破損

スレート同士の隙間にスレーターズリッパーを差し込んで、見えない釘を引き抜きます。
1枚のスレートに対して釘は4本使われている事が多いです。
釘を全て抜くと破損したスレートを引き抜くことが出来ます。

抜けた釘
破損したスレート

スレートが欠落していたりする場合、小さな圧力でも落下する危険がありますので、早急な修理が必要になります。

今回使用する新しいスレート
新しいスレートに接着剤を塗布します
スレート差し替え後
スレート差し替え後

新しいスレートに接着剤を塗布して差し込み、接着剤が乾燥すれば完了です。
スレートが欠落していたりする場合、小さな圧力でも落下する危険がありますので、早急な修理が必要になります。
お家の劣化は早期発見で最低限の被害、工事で済ませることが可能です。
お住いの事ならお気軽にご相談ください。
調査診断・お見積もりは無料です!

お気軽にお問い合わせください。045-872-0038受付時間 9:00-20:00 [ 定休日 水曜日 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください
お知らせ
横浜市泉区のお客様のお家をドローン調査しました。
現場レポート
横浜市鶴見区にてスレートの破損を差し替え補修を行いました
現場レポート
横浜市戸塚区にて、ウッドデッキの塗装を行いました。
代田の呟き
絶対に屋根に登らせないで
イベント
塗魂ペインターズ 山形ボランティアor全国会議2022
現場レポート
外壁塗装の色選びで失敗しないポイント